読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yes Second Life

セカンドライフに早9年、現役セカンドライファーの考えてること

High Fidelityを、ローカルマシンにインストールして接続する

High Fidelity

1年ぶりですね。

毎年アドベントカレンダーの季節になると、更新されるこのブログ。
お察しの通り、この記事は「セカンドライフ技術系 Advent Calendar 2015」向けの記事です。

www.adventar.org

しかも、セカンドライフ技術系のアドベントカレンダーなのに、今回はHigh Fidelityというまだテスト段階のメタバースについて書いていきます。High Fidelityの創業者が、元リンデンCEOのフィリップさんということで一応セカンドライフとの関連も深いので、その辺は大目に見てくださいね。

f:id:sabro:20151124023137p:plain

High Fidelity

トップサイトに書いてあるとおり、High Fidelityは、サーバ、クライアントともにオープンソースで開発されているメタバースです。リンデンラボの次期メタバース「SANSAR」は、少なくとも最初はクローズに開発される予定であり、はじめからオープンであることはHigh Fidelityの際立った特徴です。

github.com
ソースは、GitHubで管理されてます。

f:id:sabro:20151124024429p:plain

Download - High Fidelity

High Fidelityのダウンロードページに行くと、Stack ManagerとInterfaceの2つがあることが分かります。サーバ側がStack Manager、クライアントのビューワがInterfaceです。ダウンロードしたインストーラを実行し、普通に進めていけば簡単にインストールできます。

f:id:sabro:20151124025118p:plain

インストールが終わって、Stack Managerを実行してみたところ、何回かエラーダイアログがでましたが、無視して進めていきました。

f:id:sabro:20151124025153p:plain

そしたらちゃんと、サーバが起動したので良しとします。
右上に「hifi://localhost」みたいなURLがあって、こちらをクリックするとInterfaceが起動します。

f:id:sabro:20151129222306p:plain

なぜかアバターはロボでした。とにかくこれで、ローカルマシンでサーバを立ち上げ接続できました。もっと大変かと思っていたので、割りと拍子抜けです。

f:id:sabro:20151129224633p:plain

適当にオブジェクトを作ってみましたが、セカンドライフとそんなには変わらない操作でつくれました。この辺はまた機会があれば、書いてみようとおもいます。